つぶつぶ入りの歯磨き剤は危険!

クリアクリーンなどでつぶつぶが入っている歯磨き粉って結構たくさんありますよね。

 

私も、今まで何度か使っていました。

 

粒が歯をツルツルにしてくれる気がして気持ちよく使っていました。

 

 

しかーし、ある本を読んで衝撃を受けました!

 

もう絶対につぶつぶ入りは使わないようにしよう!と誓いました。

 

 

 

歯科医の森昭先生とい方の本に載っていたんですが、このつぶつぶが歯茎や歯の被せ物を外したところに残っていて、これが歯垢(プラーク)の巣になっているらしいんです。

 

 

この先生は口の中から見つかったつぶつぶを「うみがめの卵」と呼んでいるそうです(笑)

 

しかも、このつぶつぶはいつまでも溶けずに、取ろうとしても球状なので歯茎の溝を逃げ回ってなかなか取れないそうです。

 

 

 

 

メーカーが粒を入れるのは磨いた感が感じられるから売れるためらしくて、実際はしゃりしゃりとしてしっかり磨いた感は感じられても、そのおかげでしっかり磨けているわけではないそうです。

 

 

粒がずーっと入ったままなんて考えだけで気持ち悪い…

 

消費者がしっかり選ばないと、とんだものを使わされることになってしまいますね…