むし歯の多い少ないは遺伝するの?

むし歯の多い少ないは生まれつき遺伝で決まっているのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

 

むし歯で苦労した人が自分の子供には同じ思いをさせないようにと気を付けた結果、むし歯が一本もできなかったというケースもあります。

 

つまり、遺伝は関係ないんです。

どうしたら子供のむし歯を防げるの?

人の口の中では歯が生えることで、菌のすみかができてきます。

 

やがてたくさんの種類の菌が口の中に登場し、歯が生えそろって口内環境が安定してくると、菌の種類や数も安定してきて、口の中に菌たちの世界が作られます。

 

その世界の中でミュータンス菌の占める割合がどのくらいなのか。

 

それがむし歯のリスクを左右します。

 

しかも、ミュータンス菌は一度口のなかにすみついて数が決まると、そのもともとの割合が減ることはありません。

 

ではミュータンス菌の数はいつどこで決まってしまうのでしょうか。

 

 

まず、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌はいません。

 

歯が生えそろうまでの期間に保育者(親など)がどのように子供に接するかで、ミュータンス菌の数が決まってきます。

 

 

例えば、ミュータンス菌を持っているお母さんやお父さんが使ったお箸やスプーンなどをそのまま子供の口の中に入れてしまうと、それで菌がうつり広がっていきます。

 

これは最近常識になっていると思っていたんですが、実際私の母は知らなかったようです。

 

実家に行ったときに、普通に母が使った箸やスプーンで私の1歳の娘にうどんや果物をあげていてびっくりしました。

 

 

一度口をつけたものをそのまま使えないとなると、とても気を使わなくてはいけないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

少しの菌がたまに入ってくるくらいでは、そのまま口にすみつくことはなく、出て行ってしまいます。

 

 

ではどうなると菌が住み着いてしまうのでしょうか。

 

ここでポイントとなるのは食習慣です。

 

 

糖が口の中に入ると、それをエネルギーにミュータンス菌がどんどん繁殖して、一時的に菌の量が多くなってしまいます。

 

すると、体が菌を追い出すことができなくなって、だんだん住み着いてしまうのです。

 

 

つまり、

 


「ミュータンス菌との接触」+「糖の多い食習慣」=「ミュータンス菌の感染・定着」
むし歯になりやすい子ども

 

となるのです。

 

これは菌そのものは遺伝しないけれど、同じ環境で生活する家族が同じような口の中になっていく可能性はあるということです。

 

 

 

 

まず大切なのは自分自身がどのくらいミュータンス菌を持っているのかえお知っておくこと。

 

今あるミュータンス菌の数を歯科医院で調べてもらうことができます。

 

その結果たくさん持っているとしたら、まずは自分のお口のケアをしっかり行うことです。

 

 

 

一緒に生活する以上、どうしても菌は子供の口の中に入ってしまいます。

 

お子さんへうつさないよう神経質になるよりも、自分の菌をなるべく抑えることが子供に感染させないポイントになります。