寝起きの一杯の水は危険?

「朝起きたらコップ一杯の水を飲みましょう。」

 

これは体は寝ている間に脱水気味になるので、失われた水分を補給することで脳卒中や心筋梗塞の予防、さらには便秘の改善にもつながると言われています。

 

が、ちょっと待ってください。

 

 

実は朝起きた時の口の中は細菌が増殖した状態です。

 

その最近ごと水と一緒に飲み込んでしまうのはあまりおススメできません。

 

 

特に高齢の人は免疫力が落ちているので、体内に入った細菌が悪さをしてしまう可能性も否定できないんです。

 

 

できれば、歯ブラシで軽くブラッシングしてから目覚めの一杯を飲むようにしましょう。

 

 

歯磨き粉は使わなくても大丈夫です。

 

 

 

就寝中にプラークが作り出したネバネバ物質のバイオフォルムはブラッシングでないと取れません。

 

 

ブラッシングが難しいという人はせめてうがいをしましょう。

 

 

せっかく健康にいいことをしているつもりが逆効果になってしまたらもったいないです。