ステインの除去は歯磨き粉に頼ると危険?

コーヒーやお茶、タバコなどによる歯の黄ばみやくすみ。

 

こうした着色汚れである「ステイン」を除去してホワイトニング効果があるとされる歯磨き粉がドラッグストアなどでたくさん売られています。

 

 

歯医者さんで行うホワイトニングよりも手軽にできるし毎日の歯磨きで歯が白くなるんだからステインに悩んでいる人にはとっても魅力的です。

 

ただ、商品によっては歯や歯茎を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

特に研磨剤によって歯の着色を落とすタイプはあまりおすすめできません。

 

 

普通の歯磨き粉にも研磨剤は入っていますが、ホワイトニング用となると、より強い研磨力が必要となるため、研磨剤の量が増えることも。

 

 

歯の表面の着色と一緒に、エナメル質までも剥がしてしまう危険があります。

 

 

一時的には歯が白くなるかもしれませんが、歯に微細な傷が残るので、ステインがもっと付着しやすい状態になってしまいます。

 

 

 

また、電動歯ブラシに、研磨剤の多い歯磨き粉という組み合わせもNGです!

 

 

電動歯ブラシは手みがきに比べて歯への摩擦回数が多くなります。

 

その分、効率的にプラークを落とせるわけですが、そこに大量の研磨剤が加わると、歯の表面を傷つける可能性が一段と高くなります。

 

せめて、研磨剤の入っていないジェルタイプの使用するようにしたほうがベターです。

 

 

ステインの予防法は?

ステインの予防は、コーヒーやお茶を飲んだあとに、水の飲むだけでも違います。

 

まずは日頃の予防から意識してみてください。

 

ただし、タバコは例外です。

 

 

医療機関でのホワイトニングやセルフホワイトニングもあります。

 

 

とりあえず、研磨剤入りの歯磨き粉によるホワイトニングだけは避けるようにしましょう。

 

 


研磨剤・発泡剤不使用【ディノベートデンタルホワイトプロ】