電動歯ブラシと手みがきとっちがいの?

歯科医師の西原郁子先生によると、

 

電動歯ブラシと手みがきどちらがいいかと言うと、正直なところ「これなら完璧です!」

 

と言えるものはなくて、「両方をうまく使い分ける」のがいいそうです。

 

 

 

そもそも、電動歯ブラシには大きく分けて3つの種類があります。

 

 

  • 電動ブラシ…電動でブラシ部分が動く歯ブラシ
  •  

  • 音波ブラシ…音波による振動で、プラークを除去する歯ブラシ
  •  

  • 超音波ブラシ…超音波による振動で、プラークを除去する歯ブラシ

 

 

 

 

電動ブラシ

まず、電動ブラシですが、これは言葉どおり、ブラシを電動で動かすタイプです。

 

手みがきならば、自分でやっていることを、電動で細かく高速でブラシを動かしてくれるというもの。

 

ただし、手みがきを比べて電動ブラシのほうがプラークの除去効果が上がるかというと、それほど差はないようです。

 

 

 

手みがきが面倒くさいと感じる人や、力がなく、歯ブラシを自分で動かすことが得意でない高齢の方には便利なツールです。

音波ブラシ

音波ブラシは200〜300ヘルツの音波を発生させ、毛先の振動や高速水流によりプラークを除去する歯ブラシです。

 

歯の表面はツルツルになりますが、歯並びが悪いと凸凹の部分や裏側に対応しきれないこともあるので、丁寧なブラッシングが必要です。

超音波ブラシ

超音波ブラシは音波ブラシよりも、さらに高い100〜200万ヘルツの音波を発生させることができます。

 

歯周ポケットに入り込んだプラークのかき出しや、細菌のつながりを破壊させることも可能だと言われていて、これらが期待できるのは超音波ブラシだけとなります。

 

 

「プラークの除去」に注目するのであれば、やはり超音波ブラシが一番向いているということになります。

 

 

妊婦さんに人気の超音波ブラシランキング

無理して電動歯ブラシを使うよりも…

電動歯ブラシは万能というわけではありません。

 

その性能ゆえに、「ちゃんと磨いた気分」になってしまって、歯磨きがおろそかになっていれば、たとえ超音波ブラシでも意味がなくなってしまいます。

 

また、電動ブラシのヘッドが歯にぶつかるときの感触が嫌で、恐る恐るしか動かせないという人もいます。

 

 

 

それなら、無理して電動歯ブラシを使うよりも、手みがきで隅々まで細かくブラッシングしたほうが効果的です。

 

 

手みがき用の歯ブラシに関しても、機能性の高い高級な歯ブラシを、「もったいないから」と長期間使い続けるよりは、150円くらいの歯ブラシを頻繁に替えるようにしたほうがいいです。

 

歯科医師の西原郁子先生の磨き方は?

ちなみに歯科医師の西原郁子先生は、起床後は超音波ブラシ、朝食・昼食後は手みがき

 

夜寝る前の歯磨きは、「手みがき⇒デンタルフロス⇒超音波ブラシ」

 

というコースで磨いているそうです。