妊娠中でも歯の治療はできる?

妊娠中だと歯科治療ができないと思っている人も多いようですが、できます。

 

麻酔やレントゲンの影響は限りなくゼロに近いんです。

 

 

 

妊娠中は女性ホルモンが急激に増え唾液の中和力や免疫力も減るので口の中の細菌が増えて虫歯や歯周病のリスクは高くなります。

 

 

また、歯周病にかかっていると早産や低体重児出産のリスクが通常の5〜7倍になるので治療は必須です。

 

 

ママの歯の健康は子供の歯の健康にもダイレクトに影響するし、出産後にはなかなか治療に通えなかったりするので妊娠が分かったら早めに歯科検診を受け安定期に入ったら治療をしましょう。

レントゲンは大丈夫?

レントゲンを撮っておなかの赤ちゃんに影響がないか心配という方も多いようです。

 

歯はおなかから場所が離れているのに加え、鉛のエプロンをするのでおなかのあかちゃんが被ばくする量は限りなくゼロに近く、影響はまったくないに等しいことが分かっています。

歯に麻酔注射をして大丈夫?

歯に麻酔注射をしておなかの赤ちゃんに影響しないか心配という方もいますが、ほぼ影響しません。

 

歯科治療に使う麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。

 

治療をする歯の周辺に麻酔薬は停滞するので、おなかの赤ちゃんに影響する心配はほとんどありません。

 

抗生物質などを服用してもおなかの赤ちゃんに影響はない?

抗生物質であればペニシリン系やセフェム系

 

鎮痛剤であればカロナールなどのアセトアミノフェンが安全であることが産婦人科医師の見解で明らかになっています。

 

 

必要な場合には担当医と相談のうえで最小限で使いましょう。

今妊娠3カ月だけど歯の治療はできる?

歯科治療はできるだけ安定期(妊娠5〜9カ月頃)に行うことが推奨されています。

 

痛みがある場合は歯科医に相談しましょう。