女性は男性より虫歯や歯周病にかかりやすい?

世界中のどの国のデータをみても、ほとんどの年齢層で女性は男性よりも虫歯の本数が多くなっています。

 

また、歯周病にかかりやすいのも女性なんです。

 

 

 

女性のほうが唾液腺のサイズが小さく、唾液の分泌量が少ないのが一つの理由です。

 

なので、口の中がいったん酸性になるとなかなか中性に戻らず、むし歯が進行しやすくなってしまいます。

 

特に更年期はホルモンバランスが崩れて唾液の分泌はガクッと減少します。
若くても排卵前後や月経時にホルモンバランスが崩れるので注意が必要でしす。

 

 

また、女性の歯は男性よりもエナメル質の硬度が低く、その下にある象牙質は男性より薄くなっています。
そのため虫歯のリスクがさらに高くなります。

 

 

そして歯周病菌はなんと女性ホルモンを栄養源として好むため、女性ホルモンが大量に分泌される思春期・妊娠・出産期は特に注意が必要です。

 

 

とにかく、女性はどの時期も虫歯や歯周病に気を付けないといけないということになってしまいます。

 

 

重症化しやすいのは男性?

虫歯でも歯周病でも重症化しやすいのは男性なんです。

 

厚生省の歯科疾患実態調査をみると、男性は歯の治療をせずに放置している人が多いんです。

 

 

そもそも、男性のほうが虫歯にはなりにくい体質なのに、よほど痛くなるまで我慢したり、仕事の忙しさのせいかぎりぎりまで放置している人が多いそうです。